でんぞうちゃんの”でんさんぽ”             ~丸屋仏壇店に行ってきたぞう~

お散歩してきたぞう

令和3年12月17日午後13時半にでんしん通りのマスコットキャラクターの『でんぞうちゃん』がお散歩に行ってきました。

この日は雪が降っていたぞう!

丸屋仏壇店にお邪魔してきたぞう

電信どおりにある『丸屋仏壇店』にお邪魔してきました。
丸屋仏壇店の5代目社長の長谷川道正さんは、昭和30年に富山から越してきました。
当時は電信通りには、西別院、東別院などの他、多くの神社仏閣がありましたが、主だった仏壇店がなかったためここに店舗を構えました。

本当に歴史が長いんだぞう・・・

いろいろな話を聞けたんだぞう

長谷川さんは丸屋仏壇店の歴史の他にもいろいろなお話をしてくれました。
昭和50年代には信仰心が厚く、とても高価な仏壇を購入されることもあったという話でした。また、購入する動機も不幸があったからというものだけではなく、新築、改築、引っ越し、結婚などの新たな門出に購入される方もおりました。

現在も需要そのものの変化はないですが、高価な仏壇というものから、お手ごろな仏壇へと売れ筋が変化しているとのことです。

おおきな仏壇は、とってもきれいだったんだぞう

お願い

今は、メディアやマスコミの影響もあり、偏った情報が出回っています。
巷にあふれる情報よりも、『行ってきます』や『ただいま』という簡単なことでもいいので、毎日仏壇に向かって手を合わせていただけたらと思います。

ボクもおうちに帰ったら、のんのんさんに手を合わせたぞう!

最後に

今回の”でんさんぽ”は丸屋仏壇店に行ってまいりました。
普段、あまり出かけることのない仏壇店でしたが、とても興味の惹かれる内容のお話を聞けました。

次回は、どこを散歩するのか楽しみだぞう!