花芳さんに行ってきました。

電信通りにいろどりを添える老舗

今回は電信通りの入り口にある花屋さん『花芳(はなよし)』にお邪魔しました。

社長の渡部さんは花芳の3代目。ちょうど取材日が全国370店舗のフラワーショップと味の素がコラボして、ブーケを買ったお客様に『鶏のガーリックトマト煮』をプレゼントするキャンペーンを実施していました。

社長インタビュー

社長の「一家に一花、食卓に花を添えて」という信念をもとに、毎日1種類の花をワンコイン+税の『ワンコインフラワー』で提供しているとのこと。

特に週末は『ワンコインフラワー』の種類が増えるほか、来場されたお客様には特別に花をプレゼントする『フラワープレゼント』企画を実施中。

社長の「一家に一花、食卓に花を添えて」は、渡部社長の熱い思いを実際の企画に落とし込んでおり、それぞれの家庭にいろどりある週末を送ってほしいという熱い熱意が感じられた。

花芳のこれから

新型コロナウィルスや近況の円高や資源高のあおりは、生活必需品以外の縁起物や添え物などを扱う花屋としては大打撃だ。真っ先に企業の需要が冷え込んだ現在こそ、渡部社長が提案する「一家に一花、食卓に花を添えて」という思いやビジョンとともに、花を届ける社長の思いを感じ取れた1日だった。

でんぞうちゃん

花芳さんの話はまだまだ続くぞ~